水漏れの危険性

水漏れの危険性 水漏れが起きている場合にはできるだけ速やかな対応が必要になります。そのまま放置してしまうと住宅の壁や床にシミが出来たり、腐食させてしまうことも考えられます。万が一水漏れが発生していても、その都度濡れた箇所の水分をふき取るだけでは不十分で、根本的な解決には至りません。正しい方法で修理を行うことが必要です。また、修理が始まるまでの間の水漏れの被害を食い止めることを考えるのであれば、水道の元栓を一旦閉めてしまうこともおすすめです。水道の元栓の締め方は水回りのトラブル対策の方法としてしっかりと理解しておくことが必要です。

■原因の探索が必要

家屋内で水のトラブルが起きている場合にはなぜ水漏れが起きているかを突き止めなくてはなりません。家の色々な場所に水回りの配管がありますので、そのすべてにおいて水漏れの有無を検証しておくことが必要です。自力で全ての水漏れ箇所を確認することは非常に難しいことですので、専門の業者に連絡をして確認してもらうようにすることがおすすめです。水漏れが起きた状態をそのままにしてしまうと家に大きな損害を与えてしまうことも考えられますし、水道料金が増えてしまうことも起こりますので、すぐにでも修理に取り掛かってくれる業者を選ぶことが必要です。年中無休タイプの業者であれば、理想的です。遅くとも翌日には現場の状況を確認しに来てくれるはずです。年中無休タイプの水道業者はインターネットを使って検索することが出来ます。

■水道の修理と家の修理
水道の修理工事だけでしたら、半日もあれば終了してしまいますが、家の修理をなるとそれなりに日数が必要になりますし、莫大な修理費用も必要になります。ですから、家に大きなダメージを与えることなく水漏れ修理を完了させることが必要になります。
水道のパイプが戸外にある場合には、庭や玄関のステップといった戸外に水が噴き出してしまうことも起こります。戸外だからと言ってそのままにしては近隣に迷惑をかけてしまって人間関係のトラブルが起きてしまうことも考えられます。まずは応急処置として元栓を閉めて水の供給を止めるだけでも違います。人間関係のトラブルは修復するのに大きな労力が必要になりますので、戸外での水のトラブルにもケアフルに対応することが求められます。

■パイプの劣化だけが水のトラブルの原因なのか?

水回りのトラブルが起きてしまう原因は誰もがパイプ部分の劣化を考えてしまいます。しかしながら、パイプの接合部に使われているネジの緩みやパッキンの消耗の可能性も考えられます。更には、トイレの詰まりが原因で結果として水があふれてしまうことも起こりえます。ネジの緩みやパッキンの交換、トイレのメンテナンスは普段から自力で行うこともできますので、こまめに水回りの掃除やお手入れを行っておくようにするといいでしょう。メンテナンスに必要な道具は家に常備しておくべきです。忙しくて水回りのメンテナンスを自力で行うことが出来ない場合には、専門の業者に代行を依頼してみてもいいでしょう。

■まとめ
水漏れのトラブルが発生したら、速やかに水道業者に連絡をして修理を進めていくことが必要です。対応が遅くなってしまうと家屋にも大きな被害が及んでしまって、大掛かりな工事が必要になります。家の外の水漏れについてもしっかりと対処することが必要です。近隣とのトラブルは大きな問題になりかねません。水のトラブルを防ぐためには日ごろから水回りのお手入れを行っておくことが必要です。丁寧に使うことと掃除は欠かさずに行うことが必要です。忙しい毎日を送っている方の場合には、プロの業者に水回りの点検などのメンテナンスを代わりにやってもらってもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース